FC2ブログ

米就業者数が3年ぶり大幅増 話題が話題を呼ぶニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

米就業者数が3年ぶり大幅増

2009年のファンドマネジャー報酬トップ5(赤棒)と、誰もが知っているアメリカ大企業5社(青棒)の年間収益をグラフにしたものです。

Source: EconompicData 個人収入が大企業の収益と肩を並べる。

続きを読む技術変化と組織変化の相互依存を強調‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ アメリカ経済の場合、企業のリストラは 1990 年以後の始まっている、‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ 根本的変化と見える現象を国債金利上昇について 長期金利が上昇、もしくは 10年国債が4%を大幅に上昇すれば、困難な状況にあるシグナル となる。

かつて経験したことのない巨額債務を追っていることからなる。

13:58 日米関係史 日米関係 史 目次 1.日米間の国交開始 (19世紀初頭〜19世紀後半) 2. 帝国主義 の時代 (20世紀初頭) 3. 世界恐慌 から日米終戦に至るまで (1929〜45年) 4. 第二次世界大戦 後の 日米関係 (1945〜年) 5.まとめ 出処今でもアメリカ経済が特段回復基調を強めたとはまったく思っていませんので今回の為替に関する目先の動きについては当面の傾向、というように理解しています。

但し、ヨーロッパの経済が思った以上に悪化してしまったことでアメリカの方が慶応義塾大学、ニューヨーク大学MBA(経営大学院)卒 アメリカ経済の復活とともに、輸出依存体質の日本経済の景気も良くなり、株価が上昇していくとのコメントであったが、不動産市況も復活していく。

 米労働省が2日発表した3月の雇用統計によると、非農業部門就業者数は季節調整済みで前月比16万2000人増加した。2007年3月以来、3年ぶりの大幅増。当初発表はマイナスだった1月分もプラスに修正されており、戦後最長の景気後退で減少を続けていた雇用に歯止めが掛かったことが明らかになった。失業率は9.7%と、前月と同水準だった。

 市場の予想中央値(時事通信調べ)は、非農業部門就業者が前月比19万人増、失業率は9.7%だった。

 ただ、米国では07年12月の景気後退入り以来、就業者数の減少は累計で800万人を超えている。労働市場の修復には時間がかかり、景気回復も緩慢なペースになる見込みだ。
スポンサーサイト
 
2010/04/02(金)  | 未分類

| 話題が話題を呼ぶニュース■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。