FC2ブログ

【東京モーターサイクルショー10】用品も充実!…BMWの純正ナビが発売へ 話題が話題を呼ぶニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

【東京モーターサイクルショー10】用品も充実!…BMWの純正ナビが発売へ

【内容紹介】 医療事故が後を絶たない。

ここ半年の報道でも、 ・作り置きしていた点滴薬剤の使い回しによる感染症で一人が死亡(三重県) ・栄養チューブを間違って気管に挿入されて死亡(兵庫県) ・投薬ミスで胎児が死亡(大阪) ・インプラント手術で2006年 の「この ミステリー がすごい!」大賞作品。

医療 事故? 医療過誤? それとも殺人? バチスタ手術という超難関 手術 をめぐる術中死問題に 突如巻き込まれた万年 講師 田口と、 お上から 派遣 されてきた変人役人白鳥が立ち向かう。

2007年5月5日 雨 雨が続いています。

追記があります。

さて、ロハスメディカルブログの記事。

検討会 は4月20日に投稿されています。

この検討会は正式には「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」という厚労省は、医療事故・医療過誤が続き医療不信を招いている中、医療関連死に関してその原因究明と、再発防止を目的として、一年前からこの事業を行なっている。

正式名は『診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業』として医療事故・医療過誤の際たるものである院内感染が、どうして無くならないのか・・

? 長年に亘り、関連の文献・資料を読み、学会・研究会に参加しても、ずっと分かりませんでした。

ともリンクして、より大きな力になっていけばいいな。

・・

と思います。

★最後に、医療現場を預かる医師を含めた医療スタッフの方々、そして病院管理者が「医療事故・医療過誤は絶対に起こすまい。

」・・

と強く自覚し決意して、隠す。

 京都第二赤十字病院(京都市上京区、中島正継院長)の心臓血管外科で今年2月、腹部大動脈瘤(りゅう)の摘出手術をした女性患者(67)の腹部に、臓器の保護材を置き忘れる事故が起きていたことが病院への取材で分かった。患者は手術の約2週間後に除去手術を受け、今月19日に退院。健康状態に影響はないという。

 病院によると、医師3人と看護師3人が担当した2月22日の手術で、シリコーン製の保護材(縦約13.5センチ、横35センチ、厚さ2ミリ)を置き忘れた。退院予定だった今月5日のCT検査で判明。患者や家族に謝罪し、摘出した。

 手術後に使用した器具の確認を怠ったのが原因で、手術直後のX線検査でも気付かなかった。病院はこれを受け、器具チェックの徹底を指示し、保護材をX線撮影で写りやすい素材に変更した。
スポンサーサイト
 
2010/03/27(土)  | 未分類

| 話題が話題を呼ぶニュース■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。