FC2ブログ

侍ジャパン、カブスに辛勝 話題が話題を呼ぶニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

侍ジャパン、カブスに辛勝

(笑 しかし、サムライジャパンは作戦があるのでしょうか? まだ3月で本来なら調整中だから 選手に慣らす機会を与えている的な考え方でいいのでしょうか? 14対2で勢いがある試合なら 選手に任せるでも良いとおもいますがドミニカ共和国の第1ラウンド敗退など番狂わせが目立つ今大会だが、サムライジャパンは必勝ローテで連覇に向けて突き進む。

』 ★ 松坂は度量も許容も大きい男だねー。

サムライジャパンにとって、最強のスパーリングパートナーだ。

本格派右腕を野村監督はサムライジャパンについて「優勝はちょっとしんどいでしょう。

キューバ、ドミニカといて、アメリカだって黙っていないでしょうし」と語っていました。

そのドミニカ共和国が拙攻と拙守の末にオランダに1-2でサヨナラ負けを喫してしまいました。

サムライジャパンと カーネル・サンダースのニュースが ほぼ同じ扱いって。



どうよ??? きょうも下半身が見つかったって、昨日に続いてTOPニュース扱いだし。



申し訳ありません。

3月10日の拙文「サムライジャパン、第2ラウンド進出確定(その2)」の中に誤りがありました。

次の文章以下が間違っています。

「第2ラウンド(開催地:アメリカ・サンディエゴ)は4チームで争われます。

これは3試合連続ホームラン、今日も間違いなく期待できるぞ!会場は9割以上、ほとんどが当然サムライジャパンの応援だ。

しかし、4回表、韓国が1点を先取、その後も5回、6回、7回と日本全く打てない!フラストレーション溜まる一方だ。

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、米アリゾナ州メサで大リーグのカブスと練習試合を行い3-2で勝利した。

 日本は三回に、カブス先発のエース・ザンブラノから、先頭の7番・城島がライト前安打で出塁すると一死後、9番に入った川崎が左中間適時三塁打を放ち1点を先制。さらに相手の捕逸の間に加点した。

 日本の先発は第1ラウンドの中国戦に先発したダルビッシュ。ダルビッシュは切れ味鋭いスライダーを駆使して2回を2安打2四球で無失点の内容。

 カブスの反撃は四回。三回から登板した2番手・小松から先頭のフォンテノーが中前打を放って出塁すると暴投で二進、リリーフに登板した山口から8番のバコが中前適時打を放ち1点を返す。しかし山口はここから踏ん張りを見せ、反撃を1点で断ち切った。

 注目のイチローは3打数無安打と当たりが出ず。七回の守備から退いた。

 日本は3-1の九回、抑えの切り札、藤川を投入して逃げ切りを図るも、田口に中越え適時二塁打を浴び、尚も二死三塁のピンチ。しかし、最後の打者をフォークで三振に切って落とし虎の子の1点を守りきった。

 日本は一時は福留の中前適時打で3-1と突き放すも、チーム全体で6安打と打線につながりが出ず、15日の第2ラウンド初戦に向けてやや不満の残る結果となった。

【関連ブログ】サムライ・ジャパン
スポンサーサイト
 
2009/03/13(金)  | 未分類

| 話題が話題を呼ぶニュース■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。