FC2ブログ

米の八つ子出産は違反?調査へ 話題が話題を呼ぶニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

米の八つ子出産は違反?調査へ



 米カリフォルニア州で先月26日に生まれた八つ子について、医師が6個の受精卵を母親の子宮に戻していたことから、米生殖医学会が定めた指針に違反していた可能性が高いとして、同学会や同州医療局が医師の調査に乗り出す事態となった。

 体外受精では、妊娠率を高めるため、複数の受精卵を子宮に戻すことがあるが、同学会は2006年制定の指針で、母子への危険が伴う多胎妊娠を避けるため、35歳未満の女性の場合、戻す受精卵を原則1個か2個としている。指針に違反した医師は免許を剥奪されることもある。

 八つ子を出産した女性(33)は既に、同じ友人から精子の提供を受け、5回にわたる体外受精で、双子を含む7歳から2歳までの子供6人をもうけていた。女性は、6個の受精卵を子宮内に戻すよう求め、医師はこれに応じたという。6個のうち2個が分裂し、八つ子が誕生したとみられる。米メディアによると、担当医師は、不妊治療の先駆者として知られるマイケル・カムラバ氏(57)だという。

【関連ブログ】カリフォルニアの8つ子
スポンサーサイト
 
2009/02/12(木)  | 未分類

| 話題が話題を呼ぶニュース■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。